占星術レッスンノート

占星術レッスンノート

ホロスコープを自分自身で読んでみましょう☆占星術をやさしくまとめたノート☆

レッスン 16 火星が木星・土星とご縁を結ぶ(アスペクト)とは

文月みつるです(*'ω'*)

 

今回からは「火星」のアスペクトのお話です。

今までお話した「太陽」「月」「水星」「金星」は、ベネフィックという種類で呼ばれ 比較的扱いやすい天体でした。

「火星」は、マレフィックという種類に分類され、比較的扱いにくい天体になります。

 

アスペクト表の四角で囲まれた部分です。

 

火星は、「積極性(やり過ぎ)」「イキイキした力」「勇気」「情熱」「体力」「トラブル・争い」「ケンカ」「ケガ」などを示します。

元気さや活動力、勇気が必要なときには、助かる影響ですが、やり過ぎてしまうことが多く、それがトラブルにつながる可能性があります。

体力面やトラブル、アスリートの方々をみたいときには、確認する天体です^^

 

木星

木星は「楽観的」「助長する・増やす」という意味があります。

木星というと「ラッキー星」ですが、この木星の力が火星と関係をもつとやり過ぎの積極性がもっとやり過ぎになり、まずい方向へ進んでしまう可能性もでてくるので注意が必要なこともあります💦

 

0°(コンジャンクション) 目立つ動きをします。自分の好きなことに対してやりたい放題になることも。そこからギャンブルなどに夢中になってしまうことも。熱中することはよいのですが、周りが見えなくなるほど熱中してしまいます。それが、時期によってまずい結果になってしまうことがあります。

 

90°と180°(ハードアスペクト) 目立つ動きをします。自分の好きなことに対してやりたい放題になることも。そこからギャンブルなどに夢中になってしまうことも。それが、苦労につながります。損害が大きくなってしまったり、無駄が多くなってしまったりします。

 

60°と120°(ソフトアスペクト) 目立つ動きをします。自分の好きなことに対してやりたい放題になることも。そこからギャンブルなどに夢中になってしまうことも。ただ、やりたい放題してもうまくいくことも多いです。そのため自信があります。わがままになっている可能性もあります。お金の使い方は派手かもしれないです。

 

土星

土星は、「制限」「規制」「ストレス」などの意味があります。

その土星と自分勝手でわがままな積極性を持つ火星が関係を持つとアクセルとブレーキを同時に踏んでいるようなストレスになります。

 

0°(コンジャンクション) 自分が情熱を傾けたいことにブレーキがかかり、それがストレスになります。上手くバランスが取れるとよいのですが、なかなか難しいかもしれません💦それが、時期により強く感じることもあるでしょう。

 

90°と180° (ハードアスペクト) 自分が情熱を傾けたいことにブレーキがかかり、それがストレスになります。行動してよいのか、してはいけないのか わからず、切羽詰まった感じの葛藤があります。ただ、表面的にはこれがわかりにくいかもしれません。でも、ご本人は苦しいと思います💦

 

60°と120°(ソフトアスペクト) 自分が情熱を傾けたいことにブレーキがかかり、それがストレスになりますが、このストレスと上手く付き合っていくことができるでしょう。大変だなと感じていても そこから 何かが、生まれるかもしれないです。

 

今回は、以上になります。

火星は、トラブルや攻撃、戦争なども表しますが、アスリートの方々にとっては、肉体を積極的に使う力や勇気にもなります。また、勇気が必要な仕事(医者・警察・軍人)などは、必要になる天体です。

どの天体も必要なので 上手く使いたいですよね(*'▽')

 

私のお友だちに火星と土星コンジャンクションの人がいました。

いつもアクセルとブレーキを一緒に踏んでいるような感じで、苦しそうに見えます。

周りの人からは、いろいろ言われていましたが、私は、これを知っていたので「彼女らしい」ということであまり気になりませんでした。

 

それでは、また~~(*'▽')

 

こちらの記事も参考にしてくださいね^^

 

michiru-tsuki.hatenablog.com

michiru-tsuki.hatenablog.com