占星術レッスンノート

占星術レッスンノート

ホロスコープを自分自身で読んでみましょう☆占星術をやさしくまとめたノート☆

周富徳さん★ホロスコープ★炎の料理人とは

こんにちは!文月みつるです。

 

今回のホロスコープは、「周富徳さん」です。

周富徳さんは、「炎の料理人」と言われた中華料理人さんです。

 

NHKきょうの料理」で酢豚の調味料に「いちごジャム」を使うという周富徳さんのレシピに 私は、衝撃を受けました。当時、料理には「甘味は、砂糖やみりん」と思っていたのです。そして、実際作ってみました。美味しかったです!それから、周富徳さんのファンになりました。

その後だったと思うのですが、何かバラエティ番組で「お料理・水戸黄門」というコーナーがあり、そこで周富徳さんが、身分を隠して中華料理店でバイトをするというものがありました。

仕事を辞めて料理人になることにした。ここで修行させてください。というような設定だったと思います。そのお店の店長さんは、周先生よりずっとお若い方。そして、当たり前ですが、「その年でその考え方は甘い。料理人の世界はそんなに甘くない!」と叱咤されます。いろいろとパワハラ的なことを言われて、「まあ、とにかく何か作ってみなさい」と言われて、、からの、絶妙な包丁さばき、鍋さばき。出来上がった、チャーハンは超絶上手いもの!

その頃は、テレビに慣れていなかったせいか、言葉も少なめ。緊張しているのがよくわかりました。

周富徳さんは、どのような炎の料理人だったのか、ホロスコープを読んでみます。

 

f:id:michiru_tsuki:20210518175717p:plain

 

あらま!また、風の人でした(^-^;

ここまできたら、私って本当に「風」サイン、好きなんですね。

 

風サインですので、その時々で考え方を変えて、自分の気に入ったことや興味あることをやっていけばよいという価値観をお持ちです。高級料理店で総料理長を務めたり、タレント活動をしたり、その地位や腕前にこだわらず、いろいろなことをされているところなどフットワークの軽さが感じられますね。きっとお料理にも「伝統的な作り方」とかいうものより、そのとき「おいしいと感じるもの」を作る方ではないでしょうか。

 

そして、太陽には木星がトラインですので、幸運に恵まれています。人の助けを得られますし、お仕事などが、どんどん繁栄していきます。

 

私の印象では、初めの頃は、あまり口数が多くないというイメージでしたが、テレビ番組をこなしているうちに いろいろと気軽にお話されるようになりました。斬新なお話をされる方だろうなと想像します。でも、そのお話を周りにあまり理解してもらえなかったな~というご経験が多かったのではないかしら?

 

夢や理想に向かって、新しいものにも挑戦したい、熱くなれる人。そして、ただ熱くなっているだけでなく、それをきちんと形にしたいという力も働いて、ずっと継続していたのでしょうね。やはり、周富徳さんにも「究極の努力」アスペクトがありますね。

ただ、やりすぎるとまずいです。とはいえ、やりすぎてしまうでしょう。とにかく一生懸命なのでやりすぎると大きなけがやトラブルが付いてきます。しかも、このケガやトラブルの厄介なところは、じわじわとやってくるところ。気が付いたときには、後戻りできないことになっている可能性もあるのです(>_<)

 

火星が料理への情熱に使われているうちは、とてもよいのですが、エネルギーや情熱を継承問題や権力問題に使ってしまうとまずいです。

 

最後に恋愛やお金に関してです。

恋愛でもお金でも「福」を大事にしません。深く考えず、勢いに任せて、積極的に告白してしまう。いいご縁なのかなと思っても、そういうときほど 気を付けなければいけないのかもしれないです。また、お金は慎重に扱った方がいいです。いいお話と思ってもすぐにそれに飛びつかない方がいいいでしょう。

 

なんて、書きましたが、本当のところどうだったんでしょうね(>_<)

 

とにかく、目立つな~と思ったのは「火星」。

炎の料理人だから?ってわけではないのですが。

火星が、これだけいろいろと影響を受けているので、この力は大きいのではないかと想像します。

調理人さんって体力仕事でもありますものね。。。

 

そして、「なにくそ!」っていう根性がなければ、厳しい厨房生活で勝ち上がっていくことは難しいですよね。

 

昔、有名なホテルの厨房で働いている人に伺ったことがあるのですが、結構、パワハラ満載の職場が多いのでは?ということでした。自分のミスなどで叱られるのは納得できますが、何だかよくわからないことで暴力的なことがあるとおっしゃっていました。昔ながらの悪しき慣習だそうです。現在は、どうなのかわかりませんが。

 

美味しいお料理は、厳しい修行も必要ですが、作る人の優しい気持ちがつまったものが食べてみたいです。 

 

読ませていただき、ありがとうございました。 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村